So-net無料ブログ作成
検索選択

パイロットフィッシュ 大崎善生 [本]

「人は、一度巡り合った人と二度と別れることはできない」

友達に薦められて読んでみた。

なかなか良かったですよ。

人の記憶は、突然、何の前触れもなく、ふっと湧いてきたりする。
冒頭の言葉は、別れたと思っていても、自分の中では、記憶として残っている。
記憶がなくならない限り、その人と繋がっている、そんなフレーズです。

お世話になった人や昔の恋人などに会いたくなるような優しい気持ちになる小説です。





パイロットフィッシュ (角川文庫)

パイロットフィッシュ (角川文庫)




ずっと、ずっと、あなたのそばに [本]

いま、会いにゆきますに続いて、映画にあわせて発売された格好の小説を読んだ。

 

続きを読む


小説 いま、会いにゆきます [本]

文庫版 いま、会いにゆきますを読んだ。

 以下、ネタバレあり。

 

いま、会いにゆきます (小学館文庫 い 6-2)

いま、会いにゆきます (小学館文庫 い 6-2)

別れのシーンでは、電車の中で、泣きそうになった。

 

 

 

続きを読む


チームバチスタの栄光 [本]

このミスで大賞を取ったという、現役医師が作者の文庫版が発売されたので、読んだ。

 

 

 

チーム・バチスタの栄光(下) 「このミス」大賞シリーズ [宝島社文庫] (宝島社文庫 (600))

チーム・バチスタの栄光(下) 「このミス」大賞シリーズ [宝島社文庫] (宝島社文庫 (600))

  • 作者: 海堂 尊
  • 出版社/メーカー: 宝島社
  • 発売日: 2007/11/10
  • メディア: 文庫

以下、ネタバレあるかも。

 

 

続きを読む


本;山下バッティングセンター [本]

山下バッティングセンター (ダ・ヴィンチブックス)

山下バッティングセンター (ダ・ヴィンチブックス)

 
大学時代のサークルの先輩が本を出した。
 
ダ・ヴィンチ文学賞優秀賞を受賞したのは風の噂で聞いていたけど。
 
知っている人が作家になるなんて。。
有隣堂やTSUTAYAで平積みでしたよ。
当然、購入しました。
これから読みます。
 
帯には、
「都市伝説サイトで見つけた怪しげな書き込みを頼りに、
大学生のオレとオーシマは北陸の小さな町、いわくつきの山、廃墟化した遊園地を、右往左往。
21世紀日本の『スタンド・バイ・ミー』!?失笑つづきの脱力青春ロードノベル。」
 
はてなにも出てたよ。↓
 
コメント↓

そのときは彼によろしく [本]

もうすぐ映画が公開になるので、先行して原作を読んだ。

市川拓司と言えば、「いま会いにゆきます」でうるうるさせられたからなあ。

 

 

 

そのときは彼によろしく

そのときは彼によろしく

 

 

以下、ネタバレあり。

 

 

 

続きを読む


幻夜 [本]

白夜行の続編と言われている作品。

 

 

以下、ネタバレあり。

 

 

幻夜

幻夜

「おまえは俺を殺した。俺の魂を殺した-。」

続きを読む


小説 僕は妹に恋をする [本]

僕は妹に恋をする映画版を観て、あの続きがとても気になってます。

 

映画版のシナリオの小説を読んだ。

以下、ネタバレあり。

 

続きを読む


野ブタ。をプロデュース [本]

野ブタ。をプロデュースを読んだ。

 

野ブタ。をプロデュース

野ブタ。をプロデュース

 

 

以下、ネタばれあり。

 

 

続きを読む


半落ち [本]

半落ち

半落ち

 
映画を観て、登場人物が多すぎて展開が分かりにくかったのを覚えている。
文庫版が発売されていたので、購入し、完読。ちょっと心が震えた。
 
以下ネタバレあり。
 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。